お金を上手に借りて無駄なく返そう。

日本の庶民の家計を憂う

アベノミクス少し成功したかに見えましたが、所詮は金融の操作だけで景気がよくなっただけ。

 

円高になれば一気に熱は冷めてしまいます。

 

少子高齢化で人口が減っていく中で景気の拡大は厳しいものがあります。

 

日本の根本的な問題である人口減少を止めない限り、経済成長は期待できなさそうです。

 

何か革新的な科学技術や海底資源開発で、国内の消費エネルギーを輸入に頼らずにまかなえるとか・・・

 

ロボット技術で世界をリードし、かつての代物の家電やテレビのように、日本製家庭向けロボットが世界で売れまくるとか・・・

 

そんな大きな変化でもない限り、落日の日本の復活は難しいのではないかと思ってしまいます。

 

衰退していく国家がV字回復するようなことを期待したいですが、難しそうですよね。

 

まあ庶民が一人で何を考えたところで何も変わらなしい。

 

私たち庶民ができることは、今後もあまり期待できない経済成長の状況に備えて、お金とどうやって付あっていくかが大切だと思います。

 

現代社会では、お金を全く借りずに生きていくことはほぼ不可能です。

 

特に住宅ローンや自動車ローンなどは、ほとんどの方が頼るものになります。最近では銀行のカードローンなども良く利用されています。

 

大きなお金を借りるほど、金利の動向や経済情勢に注意して、新規に借りたり、借換したり、繰り上げ返済したりしていかなければなりません。

 

今はグローバル化が進んでいますので、国内だけでなく世界的な動向に注意しなければなりません。

どこかの国で聞きが起きれば、世界中にあっと言う間に伝播していきますから。

 

また上手にお金を借りて返すといううだけでなく、できる限りリスクを減らして投資や貯蓄をして、いつか起きる危機に備えたり、老後に備えたりしていく必要があります。

 

当サイトでは、主に庶民が利用するローンに影響を与える情報やニュースを取り上げて行こう思います。

 

休日に急にお金が必要になったら

お金が急に必要になる時は、日時を選びません。

 

土日祝祭日、連休などに急にお金が必要になることだったあります。

 

あー、早めに対処しておけばよかったと後で思ったところで取り返しがつきません。

 

金融機関はお休みなので、申し込みをだけならネットからできないことはありませんが、審査はしていないので、翌営業日にならないとだめです。

 

そんな時でも「土日融資可能」なカードローンはあります。

 

ただし、危険なところで借りてはいけません。

 

即日貸してくれるところは結構ありますが、無名なところは危険なので銀行グループなどの消費者金融でかりましょう。

page top