上手な返済方法について学ぼう

返済に関する話題記事一覧

毎月出て行くお金は、ある程度決まった額なので月々の収支は予測の範囲内でお金が足りなくて困ることも無いと思います。計画的な生活をして居れば、支出に大きな変動は無い筈なのですが、実際に生活を営んでいると小額ではありますが、突発的に現金が必要になる場面があります。様々なケースがありますが、その中でもダントツ1位は冠婚葬祭の「葬儀」では無いでしょうか?結婚式などは何ヶ月も前から日程が判っていますから、よほ...

マイナス金利政策が導入されて既に半年が経ちました。金融機関の住宅ローンの金利は軒並み下がり続けている傾向にあり、2016年7月現在「フラット35」の金利は0.930%と1%を切る低さまでになっています。住宅ローンの借り換えの目安は「残債1000万円以上、残期間10年以上、金利差1%以上」と言われ、それに該当する方は住宅ローンの借り換えを検討されている事と思います、ですが!ちょっと待って下さい!「住...

今では生活の中で必需品となったクレジットカード。現金を持つ必要も無く、毎日の買い物から公共料金の支払いまで出来て、使うたびにポイントサービスなどもあり、現金で支払いするよりも便利で安全になっています。またそれぞれのクレジットカードには特有の機能もあり、ショッピングなどで一番利用されている機能が「リボ払い」ではないでしょうか?クレジットカードのリボ払いは、月々の支払額を一定額に設定できるので、毎月の...

以前私が勤めていた会社では、給与日には印鑑持参で経理部に行き、現金が入った封筒を受け取る方法でした。「1ヶ月頑張ってきたのにこれだけか…」と思う反面「これだけで何とかやりくりしていかなきゃなぁ…」と言う現金に対する実感があったのは確かです。今では給料は口座振り込みが大多数で、受け取るのは明細書だけ。会社や私たちにとっても、その方が現金を落としたり盗まれたりする心配もなく、安全で効率的というメリット...

所得が低くて生活が厳しい、貯金も出来ないし遊行費なんてとんでもない!収入が低ければ生活に使うお金が増えて、生活に余裕がなくなるのは世の常です。もっと収入があればもっといい暮らしが出来るのに…所得が多い高収入な人達はよっぽどいい暮らしをしているに違いない。これが一般的な感覚だと思いますよね。でもそうではありません、ニュースなどで時折目にしますが、高所得者でも破産したり、金融がらみの犯罪に手を出したり...

「貯蓄」の意味を考えた事は有りますか?よく子供の頃には親から「お年玉は貯金しときなさいよ」と言われた方も多いかと思いますが、ただ漠然とした感情だけで「貯蓄」をしているのでしょうか?それとも先行き不安な老後のためでしょうか?簡単に言ってしまうと「貯蓄」は、老後のためというより、長い人生を生きる過程で起こるさまざまなお金の掛かる出来事や行事を借金しないで乗り切るためです。その結果として、老後の生活に必...

マイナス金利が度々とりだたされていて、かなり庶民にも広がった感があります。それにおうじて、どこどこの銀行が金利をさげたとか、借換をしたら、何百万も得をした計算になったとかいう情報がどんどん出てきています。おかげで、今年の3月は、去年の3月の3倍もの借り換えの申込みが発生しているそうです。そうなれば、住宅ローンなど大きなローンを抱えている人は、自分も早く検討しないとと焦ってきますよね。しかし、そうい...

マイナス金利政策が開始されてから数ヶ月が経過しましたが、その間に各金融機関の住宅ローンなどはローン金利がかなり下がってきました。これは住宅を購入しようと考えている人には朗報と言えますが、その反面貯蓄に対しての金利も限りなく0%に近づき、お金を預けても殆ど利子が付かず、逆にATMなどを使った時点で手数料を取られ、大事な財産(お金)を預けているのに減ってしまうと言う状況にまでなってしまっています。この...

一昔前は60歳で定年退職して、結構な額の退職金や年金を受け取り“毎日を悠々自適に送る”という暮らしをする人が多く居ました。でも、現在での50代以下の世代では当時と決定的に違うことがあります。それは、一昔は年金支給が60歳からだったのに対して、現在年金は65歳支給への移行が進められていて、男性の場合は1961年(昭和36年)4月2日以降生まれの人は、年金の支給開始が完全に65歳からになってしまいます...

今年も誰もが待ちわびていたボーナス支給の時期になりました。ボーナスが出たら欲しかったあれを買いたい、旅行に行きたいなど使い道を考えている方も多いことでしょう。それでは昨年(2015年)を振り返って夏のボーナスとその使い方はどのようなものだったのでしょうか?昨年日本生命保険相互会社が20〜50代の男女に夏のボーナスについてアンケート調査したところ、平均支給額は59.4万円で、2014年に比べて微増(...

住宅ローンなどの長い期間返済していく大きな借り入れは、できるだけ月の返済額を減らして、余裕を持って生活できるようにしていくべきですね。そうすると、余裕のある分を貯蓄して行って、将来のリスクに備えることができますから、精神的にも楽になります。ある程度たまったら、繰り上げ返済をして、返済期間を短縮出来たら更に楽になるでしょう。ただし、どんな状況でも、早く繰り上げ返済するというのは正解とは言い切れません...

カードローンであるとか、キャッシングには、幾つもの返済方法が存在します。このところ、インターネット上のダイレクトバンキングを活用して返済する方が増加してきたと耳にしています。毎月の返済も、銀行カードローンは利便性に優れているというメリットがあります。なぜなら、カードローンで借りたお金を返す時に、既定の銀行のATMあるいはコンビニATMも使うことができるからなのです。消費者金融あるいは信販系によるカ...

カードローンの特徴は、仕様目的が事業性資金以外であれば自由に使用でき、借り入れる時の審査時間も短く急いでいる時には非常に便利であり、利用している人も増えてきています。借り入れる際の条件としては20歳以上で継続して収入を得ていることなどがあり、正社員雇用されている方以外の派遣社員やアルバイトなどの人でも利用可能な事が上げられる。 カードローンは、多くの金融業者が取り扱っており、融資枠や金利、審査時間...

まず一番重点を置かれるのが「安定した仕事についている」かどうかということだろう。借入をすれば、すべからく返済しなければならない事は言うまでも無く、返済能力があるかどうかが貸す側の判断材料となる事は想像に易い。そこで勤続年数が長ければ安定した収入があれば、その能力があると判断され、さらに大企業や公務員として勤務している方が信用度が高いといわれている。アルバイトやパートの場合、少しでも信用度を上げる為...

キャッシングとカードローンの違いは?キャッシングとカードローンは基本的には「貸し付けた金額に一定の金利を加えた金額を、月々返済すると言う条件をつけてお金を貸し出すサービス」です。キャッシングとカードローンの金利を比べてみると、キャッシングの金利が18〜20%なのに対して、カードローンの金利は3〜18%となっていて、カードローンの方が金利は低く設定されています。それならキャッシングを使うよりもカード...

住宅ローンの手数料の支払い方法に「定率型」と「定額型」の2種類を取り扱っている金融機関が多い。それでは「定率型」と「定額型」はそれぞれどのような違いが有るのだろうか?定率型借入金額に対して一定の割合を手数料として支払うため、借入金額が多ければ多いほど手数料は高くなる。例えば、借入金額に対して2%の定率型を利用したとして、借入金額が3000万円の場合、手数料は60万円になる。これは自己資金が少ない人...

長年勤め上げた会社を退職する時、やっと手に入れることが出来る人生最後の多額の収入である「退職金」を、何に使おうか思案しているサラリーマンの方は沢山居るかと思います。その中でも、住宅ローンの残金を一括返済してローン返済から開放されて老後は何の心配も無くゆっくり過ごしたいと考えている方は少なからず居るかと思いますが、ちょっと待って下さい、それをやってしまうと老後破産になるかもしれません。この時代退職金...

今年の2月に導入されたマイナス金利政策の影響で、住宅ローンの金利がかなり低くなりました。8月に底値が出て現在は少し上がってきましたが、それでもまだ以前と比べればかなり低い状態だと言えます。既に住宅ローンを借りていて毎月返済をしている方は、住宅ローンを「借り換え」る事によって、充分なメリットがあるかもしれません。住宅ローンの「借り換え」とは、既に借りている住宅ローンを今とは違う金融機関で借りて、新し...

持っているだけで緊張してしまうような、多くの現金を持ち歩るかないでも便利に買い物ができてしまうクレジットカード。ショッピングを始め公共料金など、ほとんどの支払いをポイントを貯めるためにクレジット決済にしているという人は多いのではないでしょうか?しかし便利なクレジットカードも使い方を間違えば、大きな損をしてしまうことになってしまいます。正しく利用すればクレジットカードは、ポイント還元や特典などを受け...

ネット銀行を利用している方が増えてきましたが、「住宅ローンは普通の銀行」という人はまだ多いようです。また、「住宅ローンをネット銀行で組むのは不安」という意見も依然として根強いようですが、ネット銀行にはそれぞれに特長があり「住宅ローンに強い」ネット銀行は、住宅ローン金利を低くしたり、手数料を安くしたりと、色々お得なキャンペーンを実施していたりするので、住宅ローンや借り換えを検討している人はネット銀行...

page top