クレジットカードはこう使おう!

便利なクレジットカードをもっと賢く利用するには

クレジットカード

以前私が勤めていた会社では、給与日には印鑑持参で経理部に行き、現金が入った封筒を受け取る方法でした。「1ヶ月頑張ってきたのにこれだけか…」と思う反面「これだけで何とかやりくりしていかなきゃなぁ…」と言う現金に対する実感があったのは確かです。今では給料は口座振り込みが大多数で、受け取るのは明細書だけ。
会社や私たちにとっても、その方が現金を落としたり盗まれたりする心配もなく、安全で効率的というメリットはありますが、お金を受け取ったという実感はありませんね。
支出に関しても、口座引き落としやクレジットカード払いが増えて、現金を手にする機会が減りました。ネットショッピングではクレジットカードが必須で、クレジットカードを使うことで生活はとても便利になりました。しかしつい使いすぎてしまい家計を圧迫しすぎている場合も多くなっています。

つい使いすぎてしまうクレジットカード

一昔前と違い今では、光熱費や通信費、食料品や日用雑貨をスーパーで買うのにクレジットカードを使う人も増えています。クレジットカードは現金が手元に無くてもなくても買い物ができるので、つい使い過ぎてしまうという人が多いようです。なぜならクレジットカードはお金を払った実感がなく、いくら使ったか実感できないからです。
そのせいで「貯蓄に回すお金が無い」ということもあるかもしれません。使い過ぎてしまうという人はクレジットカードを使わないようにするのが一番ですが、そうもいかないので使い方を工夫しましょう。

なぜ使い過ぎてしまうのか?

クレジットカードの場合、買い物した時と代金を支払う時に時間差があるからです。
「今月はもうお金がないので何も買うことが出来ない」という状態でも、クレジットカードなら買い物できてしまいます。しかし、確実に翌月以降に支払いが来るので、その月の使えるお金が少なくなってお金が足りないから、またクレジットカードで買い物をしてしまう。いわゆる自転車操業を繰り返していたのでは支出をコントロールすることができません。

クレジットカードを賢く使うには

カードを使ったらその日のうちに、何にいくら使ったかをメモするのを習慣にしましょう。
「カードを使った」=「お金を使った」という意識が持てるように家計簿を付けるのです。
手帳でも、スマフォのメモアプリでも構いませんので、記録することによって「お金を使った」ことを実感し、翌月以降に支払わなければいけない金額も確認できるので、カード代金の引き落とし日に口座の残高が足りないということも防げます。最初はいちいちメモするなんて面倒くさいかもしれませんが、出来るだけ続けて習慣として身につけるようにしましょう。

デビットカードを使ってみる

デビットカードはクレジットカードとは違い、使った時点で銀行口座から代金が引き落とされます。
ですから口座の残高以上は使えないので、使いすぎる心配がありません。
最近ではデビットカードが使えるところも増えていて、ネットショッピングでも利用可能な所も増えています。
カードによっては利用金額に応じたキャッシュバックサービスもあります。
「ついクレジットカードを使い過ぎてしまう」、「クレジットカードはお金の管理が面倒」という人には、デビットカードを試してみてはいかかでしょうか。

page top