返済方法を理解して上手に使おう

色々なカードローン返済方法

ローン返済

カードローンの特徴は、仕様目的が事業性資金以外であれば自由に使用でき、借り入れる時の審査時間も短く急いでいる時には非常に便利であり、利用している人も増えてきています。借り入れる際の条件としては20歳以上で継続して収入を得ていることなどがあり、正社員雇用されている方以外の派遣社員やアルバイトなどの人でも利用可能な事が上げられる。

 

 カードローンは、多くの金融業者が取り扱っており、融資枠や金利、審査時間など自分に合った条件を検討して利用することが大事だ。

 

カードローンの返済に関する最も特徴的なものと言えば、リボルビング払いという方法が最も多く採用されていて、これは融資を受けた金額に利息を加えて返済する方法である。

リボルビング払いは、大きく3種類の返済方法があり、またその中でも返済方法が分かれている。

 

残高スライド方式

返済締め日に確定された借入残高に応じて支払額を変更する残高スライド方式には、以下の2種類がある。

残高スライド元利定額リボルビング方式

定額部分から利息を差し引いた金額を元本返済に充てる方法で、これはカードローンで最も多く採用されており、借入残高に応じた支払額が算出されるので、そのときの状況に合った無理のない返済ができるというメリットがある。

残高スライド元金定額リボルビング方式

定額部分に利息を加えて支払う方法。

 

定額方式
元利定額リボルビング方式

毎月指定された一定額を支払い、そこから利息を差し引いた金額を元本に充てる方法。

元金定額リボルビング方式

指定された一定額に利息を加えて支払う方法。

 

定率方式
元利定率リボルビング方式

返済締め日に確定した借入残高に利息を加えた金額に対して指定した割合で返済する方法。

元金定率リボルビング方式

借入残高に対して定率で算出された金額と一カ月間の利息額との合算を実際の支払額とする方法。

 

このように、リボルビング払いと言っても多様な方法があるので、借り入れる際にはどの返済方法が採用されているのかを確認する事が大切である。

 

 

 

page top