上手にクレジットカードを使って得をしよう

クレジットカードの賢い使い方

クレジットカード

持っているだけで緊張してしまうような、多くの現金を持ち歩るかないでも便利に買い物ができてしまうクレジットカード。ショッピングを始め公共料金など、ほとんどの支払いをポイントを貯めるためにクレジット決済にしているという人は多いのではないでしょうか?しかし便利なクレジットカードも使い方を間違えば、大きな損をしてしまうことになってしまいます。正しく利用すればクレジットカードは、ポイント還元や特典などを受けることができて、お得に買い物ができます。使い方や支払いの管理を自分に合ったルールを決めて、クレジットカードを上手に活用していくようにしましょう。

毎月の支払金額はしっかり確認

ついショッピングに沢山使ってしまって、翌月引き落としされた後に口座のお金が予想以上に少なくて、慌たと言う経験はありませんか?口座にお金が足りないで、引き落としにが出来なかった場合などは、信用情報に傷がついてしまう可能性もあり、将来住宅ローンなどを組んだり、新にカードローンを申し込む時に審査が通らなかったりとなってしまうかもしれません。最近は、ウェブ上から自分の利用明細を確認できるサービスもあるので、引き落とし前には必ずチェックするよう習慣付ける事が大切です。クレジットカード会社が発行する支払い明細は、引き落とされる前には必ず確認して、引き落とし口座の残高が不足しないように気を付けましょう。

 

ポイント目的で余計な買い物はしない

利用額に応じてポイントが付くクレジットカードを使えば、現金で支払うよりも、ポイント分でお得に買い物ができます。積み重ねていけば、一度の支払いでもらえるポイントは少しでもその分節約できて、クレジットカードの「ポイントを貯めるのが楽しい」という人もいるでしょう。
しかしポイントのために余計な買い物をするのは、本末転倒で単なる無駄遣いなってしまいます。ポイントのためにお金を使っていないか見直すことが大切です。つい使ってしまう人は、「本当に必要なものや固定費以外には使わない」と決めて使うようにしましょう。

 

リボ払い・キャッシングは使わない

リボ払いとは、毎月一定の金額を返済していく支払い方式のことで、月々の負担は軽いのですが、手数料がかさみ、結果的には大きな損になる支払い方法です。また、返済額が一定のため自分がいくら使ったのか、何時払い終わるのか解りにくく、長期間にわたって払い続ける事になりがちです。
キャッシングは比較的少額を借りられる便利なサービスのようですが、借金であることに変わりはありません。また手軽にお金が借りられるので、キャッシングに慣れてしまう事にも注意が必要です。

 

ですので支払い方法は基本的に、手数料が発生しない一括払いにするようにしましょう。銀行口座にある金額の範囲内でのみ買い物はしないようにルールを決めるようにしましょう。
一括で支払えない買い物は、基本的にしない事がクレジットカードを賢く使う使い方です。

page top