住宅ローンをネット銀行で借りる

ネット銀行で住宅ローンがお得に!

住宅ローン.ネット銀行

ネット銀行を利用している方が増えてきましたが、「住宅ローンは普通の銀行」という人はまだ多いようです。また、「住宅ローンをネット銀行で組むのは不安」という意見も依然として根強いようですが、ネット銀行にはそれぞれに特長があり「住宅ローンに強い」ネット銀行は、住宅ローン金利を低くしたり、手数料を安くしたりと、色々お得なキャンペーンを実施していたりするので、住宅ローンや借り換えを検討している人はネット銀行も通常の銀行と比較検討する価値があると言えます。通常の銀行とは違って、どのネット銀行でどんな住宅ローンを取り扱っているのか、また住宅ローンを組むにあたって、ネット銀行は店舗のある一般的な銀行よりも有利な点はどこにあるのでしょうか?

ネット銀行の住宅ローンの特長
  • 店舗や通帳などが無いので、固定費が抑えられているから金利が低い。
  • 繰り上げ返済の手数料が無料の場合が多い。
  • 店舗に行かないで、自宅からでも手続きができる。

借入金額の多さから考えれば、少しでも金利が低いと、百万円単位で得する場合があります。
ですから住宅ローン金利を低水準で提供できるネット銀行を見つけたら、そこは検討の対象に選びましょう。
またネット銀行は店舗に行かなくても手続きができるので便利です。ネット銀行以外では手続きができるのは、基本的に平日の午後3時までとなってしまい、また揃えなければいけない書類が多いため、一度の来店で終わらず何度か行く事になってしまうと、多忙な人には不便かもしれません。
ネット銀行の場合は、基本的に来店の必要が無く、不明な点は電話やメールで問い合わせが出来るので、原則として対面でのやり取りは不要です。

金利の低さだけではなく総合的に判断しよう

住宅ローンを検討する場合は、次の4つをまとめて考えましょう。

  1. 低金利である
  2. 低コストである
  3. 金利優遇の条件がある
  4. 繰り上げ返済の手数料が無料であれば、繰り上げ返済がしやすい

@の低金利である事は重要です。

 

Aのコ低ストと一口に言っても、銀行によってコストの設定は一律ではなく、また掛かるコストの合計金額は、借入額の3〜10%ほど掛かります。ですから金利だけ見るのではなく、コストもあわせて支払い総額がどう変わるかまで考慮して借入先を選ぶようにしましょう。

 

Bの「金利優遇の条件」ですが、一定の条件を満たさないと、低金利を適用してくれないところがあります。銀行によって、条件はさまざまですが出来るような条件の場合は検討してみましょう。

 

C通常は繰り上げ返済をする時期が、早ければ早いほど支払う利息が少なくなります。ただ、繰り上げ返済に手数料がかかる場合と手数料がかからない場合があり、手数料無料なら気軽に少額でも繰り上げ返済ができるので、手数料が掛からない所を見つけたら検討してみましょう。

page top