カードローンの審査とは

カードローンの審査基準はどこにあるのか

カードローン.審査

まず一番重点を置かれるのが「安定した仕事についている」かどうかということだろう。借入をすれば、すべからく返済しなければならない事は言うまでも無く、返済能力があるかどうかが貸す側の判断材料となる事は想像に易い。そこで勤続年数が長ければ安定した収入があれば、その能力があると判断され、さらに大企業や公務員として勤務している方が信用度が高いといわれている。アルバイトやパートの場合、少しでも信用度を上げる為の条件としては、勤続年数はもちろんの事、より多くの収入を提示できるかどうかも掛かってくる。また派遣会社などへ登録することで職が安定しているとみなされることもあるだろう。

 

 次に、住居が「持家か賃貸か社宅か」なども審査の対象となる。持家が一番有利なのは言うまでも無く、資産があれば返済が滞った場合に、それを抵当にして新にお金を借り入れるか、売却して返済することができるからである。賃貸や社宅の場合は、同じ所に長く住んでいる事がより条件は良くなる。なぜなら借り主が引っ越してしまうと連絡が取れなくなる可能性があるので、居住期間が長ければ長いほど安定していて、支払い能力があるとみなされるので有利となるからである。

他社からの借り入れの有無

審査を依頼した時点で、他社からも借り入れがあった場合など、多重債務者とみなされ審査に通りにくくなってしまう。なぜなら返済が滞る可能性があると判断されてしまうからだ。また、既にカードのキャッシングや消費者金融からの借り入れがある場合には、総量規制という年収の3分の1までしか貸付できない貸出金額の上限があるので、その限度枠内までの貸付となるので注意が必要だ。

 

また同時に、複数の申し込みをしていないかどうかも調べられる。同時に複数の申し込みをした場合は、経済的に逼迫していると判断される場合があるので、同時に申し込む場合は2社程度にしたほうが賢明であり、審査も通りやすくなると言える。

 

過去の支払い経歴

信用情報機関ではローンやクレジットカード等の借入状況、借入金額や返済状況などが記録されており、そのデータを元に今までに金融事故がないかどうかというのも審査の対象となる。
支払い遅延や延滞、債務整理などを行っていなければ審査に通りやすくなるが、申し込みの記録が最長6ヶ月、利用した場合は解約後から最長5年間がデータの保存期間となるので、支払い遅延や延滞、債務整理などが過去にあった場合は、最低5年間を空けてからの申し込みが必要となってしまうので、支払いの遅延などには十分注意しよう。

page top