老後破産にならない為には?

増えている「老後破産」

老後破産

一昔前は60歳で定年退職して、結構な額の退職金や年金を受け取り“毎日を悠々自適に送る”という暮らしをする人が多く居ました。
でも、現在での50代以下の世代では当時と決定的に違うことがあります。
それは、一昔は年金支給が60歳からだったのに対して、現在年金は65歳支給への移行が進められていて、男性の場合は1961年(昭和36年)4月2日以降生まれの人は、年金の支給開始が完全に65歳からになってしまいます。つまり、60歳で定年退職となれば65歳までの5年もの間、無収入(原則年金ゼロ)となってしまうのです。まだまだ60歳が定年退職という会社は多く、好きなように暮らしたいと思っていても、実際にそんな生活を送ることが出来るのでしょうか?

「老後破産」はなぜ起こるのか?

高度成長期を順調に過ごしてきた世代がなぜ「老後破綻」してしまうのでしょうか?
それには破産に至る何かのきっかけがあるはずで、そのきっかけとはどのようなものがあるでしょうか?

「高齢になる」という想像力不足

現役で働いている間は引退した後に、今までのような収入が無く、かつ医療費等の出費が増えるという当たり前のことに考えが及ばない事です。一昔前の高度成長期を過ごしてきた世代は、「働いてさえいれば何とかなる」と思いがちですが引退後それなりの預貯金があっても、預金残高はあっという間に減ってしまいます。

思わぬ怪我や病気での出費

若い時は微塵も感じないのですが、実際にその年齢に近づくと、いろいろと体調に不具合が発生するものです。救急車で運ばれた先の病院が1日2万円の入院費や、退院までのリハビリも含めて数百万円の金額が掛かったと言う例は沢山あります。

引退後の生活への準備不足

働いている間は収入もそれなりにあるため、普通の生活ができます。しかし働いていても収入が少なくなる老後には十分な貯蓄がないと生活が立ち行かなくなるのは当然の結果です。

「老後破産」にならないためには?

早いうちに生活を見直し、節約できる部分は積極的に変えて行く事が大事です。
マイナス金利政策を受けて預金金利は限りなく0に近づいていても、無駄なお金を使わずに出来るだけ老後の生活に備えて、貯蓄に回す事が一番の対策方法と言えるでしょう。

page top