急な出費はこうやって回避しよう!

どうする?思いがけない出費そんなときに限って手元に現金が無い

急な出費.小額

毎月出て行くお金は、ある程度決まった額なので月々の収支は予測の範囲内でお金が足りなくて困ることも無いと思います。
計画的な生活をして居れば、支出に大きな変動は無い筈なのですが、実際に生活を営んでいると小額ではありますが、突発的に現金が必要になる場面があります。
様々なケースがありますが、その中でもダントツ1位は冠婚葬祭の「葬儀」では無いでしょうか?結婚式などは何ヶ月も前から日程が判っていますから、よほどうっかりして忘れていた場合を除いて対処する事は容易ですが、葬儀に関しては予想する事も難しく、そしてそんなときに限って、給料日前で手元に現金が残っていなくて困ってしまうことがあります。
香典の相場は故人との関係で3千円〜5万円の間が相場の金額と言われていて、先日私も親戚の葬儀で3万円包む事になりました、しかし手元に現金が…

即日キャッシング方法についてはこちらの専門サイトが参考になります

即日5万円キャッシングだったら|無利息カードローンがおすすめ!

 

急な出費.小額

そんな時に頼りになるのが「無利息期間貸し出しサービス」があるカードローンです。
これは借り入れた日から30日間(期間は業者によって異なります)は借入金利が全く掛からないというサービスです。
例えば給料日前に借り入れたとして、給料が出たら借り入れた日から30日以内に返済をすれば、借り入れた金額だけで済むと言うなんともありがたいサービスです。
ただし、初めて利用する方だけに適応される場合も多く、同じ所から何度も無利息で借入できるというわけではないので注意しましょう。(ある業者では、1週間と借入期間は短いですが毎月無利息で借り入れる事ができる所もあります)

無利息期間のサービスがあるカードローンで借りるには
最速で借りるには申し込みはインターネットで

急な出費に対応するためには借り入れるための手続きも早く対応している方法を選ぶ事です。
現在では、パソコンやスマートフォンで24時間・土日祝日対応している所もあるのでとても便利になっています。
外出先や自宅から申し込みだけを済ませておき、審査が完了したら無人機でカードを受け取り、その場で現金を手にすることが出来ます。

無人機で直接手続き

近所に無人機があれば、運転免許証・健康保険証・パスポートなどの本人を確認できる書類(身分証明書)を持って行けばその場でも手続きが出来て、現金も引き出すことが可能ですが、利用できる時間帯などがあるので注意が必要です。

即日融資の注意点

利用する金融業者によって、審査時間の制限、指定口座への現金振込融資の可能な曜日などがありますので、即日融資可能な利用条件をよく確認した上で申し込みましょう。

 

page top